五社英雄作品の台本

五社英雄作品の台本

先日のニューズレターで五社英雄監督の没後30年企画について紹介しました。

今回は、映画図書室が所蔵している五社作品の台本を紹介します。

『牙狼之助』(1966年)、『陽暉楼』(1983年)、『極道の妻たち』(1986年)といった東映作品だけでなく、『三匹の侍』(1964年、松竹)、『御用金』(1969年、東宝)、『人斬り』(1969年、大映)などの他社配給作品、および独立プロで製作した作品の台本もあります。

五社英雄作品以外に関しても、当図書室の所蔵資料は東映作品に限りません。他社が製作した映画の資料もありますので、気になる作品がある方は会社を問わず、まずは下記のデータベースで検索してみてください。

資料の閲覧を希望する方は、下記フォームより申請をお願いいたします。