『〈キャラクター〉の大衆文化 伝承・芸能・世界』(KADOKAWA)

『〈キャラクター〉の大衆文化 伝承・芸能・世界』(KADOKAWA)

荒木浩・前川志織・木場貴俊編『〈キャラクター〉の大衆文化』(KADOKAWA)が2021年11月に刊行されました。

元東映太秦映画村社長の山口記弘(現在は東映株式会社経営戦略部フェロー)が第十章「時代劇ヒーローキャラクターの芸能史」を執筆しています。

「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」といったテレビ特撮のヒーローの描き方のなかに東映が培ってきた時代劇の演出様式を見出し、さらにそのキャラクターの源流をラジオ、時代小説、戯曲、浪曲・講談、歌舞伎・人形浄瑠璃、能といった諸芸能に求めて、その連続性を通覧する野心的な論考です。

時代劇映画はもちろん、現代の映画を考える際にもヒントが得られるのではないかと思います。ぜひ、ご一読ください。

※この論考集は国際日本文化研究センター(日文研)が2016年度から2021年度にかけて取り組んでいる研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」の成果です。