【訃報】石井隆監督

【訃報】石井隆監督

漫画家、映画監督の石井隆さんが5月22日に亡くなりました。75歳でした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

石井さんは早稲田大学在学中からライター活動を始め、卒業後に劇画漫画家としてデビューします。1977年に連載を開始した『天使のはらわた』が大ヒットし、翌78年には日活ロマンポルノの一本として映画化されました(『女高生 天使のはらわた』)。

シリーズ2作目の『天使のはらわた 赤い教室』(曽根中生監督、1979年)に脚本で参加し、1988年公開の『天使のはらわた 赤い眩暈』では監督・脚本を務めました。

ロマンポルノの金字塔的作品として知られる相米慎二監督の『ラブホテル』(1985年)をはじめ、『夢犯』(黒沢直輔監督、1985年)『魔性の香り』(池田敏春監督、1985年)などの脚本も担当しています。

また『死んでもいい』(1992年)『ヌードの夜』(1993年)「GONIN」シリーズなどの映画の監督・脚本としても知られています。

資料の閲覧を希望される方は、下記のフォームより事前に閲覧申請をお願いします(閲覧は無料です)。