【資料提供】Webサイト「帝キネ」開設

【資料提供】Webサイト「帝キネ」開設

関西大学の笹川慶子教授による研究成果の一環として、ウェブサイト「帝キネ」がオープンしました。

東映太秦映画村・映画図書室が所蔵している資料(柴田コレクション)も多数掲載されています。

ほかにも貴重な資料が無料で閲覧できます。ぜひご覧ください。

以下、ウェブサイトから概要の一部を引用します。

*******

1920年5月に大阪で設立された帝国キネマ演芸株式会社(帝キネ)の活動をまとめたものです。創業から約11年のあいだに製作公開された作品の情報を公開しています。作品名、公開年月日、種別、巻数、監督、撮影、主要俳優、封切り場といった基本情報に加え、『キネマ旬報』に掲載された作品の紹介批評記事も載せています。

作品情報のほかに、帝キネがどのような会社だったのかを示す貴重な資料として帝キネ関係者の記念撮影写真や営業報告書、関連雑誌、契約映画館、歴代撮影所、俳優、帝キネ関連のポストカードや映画館プログラム、広告、レコード、小説などを集め、帝キネの全体像を多角的に把握できるようにしました。

なお、このウェブサイトは笹川慶子(関西大学文学部教授)による科学研究費助成事業(課題番号18K11831)による研究成果の一部として公開しています。